流れる星は生きている~「藤原てい」さんがお亡くなりに

旧満州からの壮絶な引き揚げ体験を描いた
「流れる星は生きている」の著者

 

「藤原てい」さんが先日(2016年11月15日)
老衰(98歳)のため、お亡くなりになったそうです。

戦後(昭和24年)大ベストセラーとなったこの作品は、
ドラマや映画化などされましたので、
この年代を生きた人ならば
ほとんどの方が知っていると思います。

 

私は読書家の職場の上司が休憩時間に
貸してくれてこの本に出会い、
大きな衝撃をうけました。

あれから10年以上過ぎ、
最近、娘の模試などで待ち時間ができるようになったので、
あの時読んだ「藤原てい」さんのその後について
もっと知りたいと
ふと思うようになり、
いろいろと読んでいたところだったんです。

 

「てい」さんの自伝小説「旅路」をよみ、

娘さんの藤原咲子さん「母への詫び状」をよみ、

今は藤原家の次男の「藤原正彦」さんの本を
読んでいるところでした。

 

 

(長男の正彦さんは
数学者で有名なあの「藤原正彦」さんです。)

 

長女、咲子さんの本で、
「てい」さんは
認知症をわずらわれていることが書いてあったので、

さすがにもう、この世の人ではないだろうと
勝手に(すみません)想像しておりましたが
この訃報を聞き、
まだ生きてらしたんだと、
驚いたのなんの。

きっと、満州から連れ帰った3人のお子さんと、
お孫さんに囲まれ見送られて
力強く新しい旅立ちをされたのでしょう。

 

満州で壮絶な体験をした「藤原てい」さんですが、
引き上げ後は、

執筆家として、

また「教育ママ」としての一面があり、
(お子さん達に中学受験させています。)
「えっ。そこまでしちゃうの!!」という驚きのエピソードもあり、
私の子育てを振り返るよい機会にもなりました^^

娘の中学受験が終わったら
「流れる星は生きている」を読ませてみたいな・・・。

保存

保存

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









2 Responses to “流れる星は生きている~「藤原てい」さんがお亡くなりに”

  1. 私は 「二つの国の物語」赤木由子 が好きです。
    旧満州の生活や引き上げ 国と国で戦うということについて 理解できます。
    痛みをともなう色々な出来事が、今も続く中国との関係の理解に役に立ちます。 
    全3巻ですが、私は子供が小学生の時に 読み聞かせしました。
    (読み聞かせするような内容ではないですが・・。私の趣味です。) 

  2. 海苔巻きさん^^
    ありがとうございます。早速、「二つの国の物語」を図書館で予約しました!
    うちの子にも読ませてみたいと思います。
    (うちの子は、ずいぶん前から読み聞かせしようとすると、「自分で読むからいい」と断られます・・・涙)

    この時代の本を読むと、
    悪いのは「人」ではなく「政治」なんだなと深く考えさせられます。

コメントを残す

CAPTCHA