「あさきゆめみし」 小6にはまだ早い?

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

小学校の先生が、
「源氏物語」の話にふれたときに、

漫画の「あさきゆめみし」
小学生にはまだ早いので読まないように!

といったそうで、

 

母としては、
中学から「古典」がはじまるので、
娘に「あさきゆめみし」は読ませておきたいと
以前から思っていたので、
まずは母がもう一度
読もうと全巻購入してみました。

ちなみに、母は「あさきゆめみし」の大和和紀さん大好きです。
ほとんどの作品を読破しております。

 

で、小6には早いかどうか・・・。
う~ん。

最近の漫画のような
過激なあからさまな描写はないけれど、
まだちょっと早いかなぁ・・・。
小学生に親からすすめて読ませる本ではないなぁ。

 

と感じました。

 

ということで、
娘の本棚の片隅に、

セットの箱に入れたまま
置いておくことにしました。

 

中学に入ってから、
読みたくなったらこっそり読むことでしょう。笑

 

そこで、小学生にも安全(笑)な「源氏物語」はないものか?
と探してみたら、
最近、こんなシリーズがでてるんですね!

 

 

レビューをみるとなかなかよさそうだったので、
おばあちゃんからもらった中学進学祝いで
奮発してシリーズでそろえてみました(*^_^*)

 

created by Rinker
¥7,150 (2024/05/20 15:35:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥7,150 (2024/05/20 15:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

現在、1期と2期の計10冊が出版されています。
娘に「源氏物語」を渡すと、
集中してあっという間に読んでしまいまして、

「源氏物語ってこんな話なんだ~」ため息をついておりました。

そのため息はどういう意味なんだろうか?笑

 

源氏物語。
「あさきゆめみし」を読みなおして思うのですが、
今思うと、光源氏って気持ち悪いですね・・・。
(昔読んだ時はそうは思わなかった)

 

現代におきかえると、

光君が高校生の時に、
小学校低学年ぐらいの紫ちゃんを勝手に自宅へ連れてきて育て
中学生になった紫ちゃんと・・・。

 

おぉ・・・。怖い怖い。

 

それに、、
自分に関係があった女性を集めて
自分の住まいに住まわせて満足したり。
(ハーレム状態)

 

 

昔のこととはいえ、
ゾゾゾッとしてしまった母です。

(母の勝手な解釈なので、お許しを・・・)

保存

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA