小学生の頃は算数がよくわからなかったらしい

 

「数学ができる自分」に
自信を持つようになった娘、

最近、小学時代の自分(ena時代)を振り返って、

「あの頃は算数がよくわかってなかった。」って
つぶやくんですよ(@_@;)

 

え~。

 

こいつ、
なにを今更そんなことを言ってるんだい!!

 

母は
「なんで、そのわからなかった時に言ってくれなかったの?」と娘に問うと、

 

娘に答えをごまかされちゃった・・・(-_-;)

 

で、今はというと
「数学」が楽しくて仕方がなくて、

予習も復習も自分で勝手にやるし、
わからないところは、
中学の先生のところに個別に質問に行くし

 

「数学」のこととなると
目を輝かせるように(@_@;)

 

「数学」が面白く楽しいのだそうです。

 

あなたは、いったい誰ですか~。

 

私の知っている娘ではありませんよ~。

 

今の、自信にあふれた娘を見ていると、
「成功体験」っていうのは
人間に本当に大切なんだなと思います。

 

私立中学に入学してすぐに
行われた学内での「算数」の学力テストで
良い成績をおさめた娘。(←これは通っていた算数の個別指導塾のおかげだと思います。)

 

クラスメイトの娘を見る目もかわり、
次も頑張ろう!と
欲をだしてきたんだと思います。

 

自分からやる気になった子は
強い!!

 

という言葉はよく聞きますが、
本当にそうですね。

 

娘はもう、
勉強面では母のサポートがなくても
大丈夫な人間になりました。

 

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA