ボンミスはミスには変わりない!

 

期末テストの英語。
なんと最初の10分で全部といてしまった娘は、
残りの時間すべてを確認にあてたそうで、

 

「今回も100点の自信がある!!」と言って、
母に問題用紙を渡すのです。

 

その問題用紙には、
きちんと答えが書き写してあって、
丁寧に解説しているところも。
(テストの取り組み方が激変したね・・・娘よ・・・。)

 

これは100点に間違いないなぁと思って眺めていたら、

 

なんとなんとなんと娘、

 

英語ではなく日本語を
よみまちがえ、
違う場所の訳を答えてました。
・・・(^_^;)

 

それを娘に伝えると、
100点を取れなかったことに
しばらく落ちこんでいましたが、

 

すぐに復活!!

 

今度は、別の科目で100点を取ると
熱心に勉強をはじめました(@_@;)

 

母は、娘に
「ボンミス」しちゃったね~と言うと

 

娘、これはボンミスじゃなくて、
「重大なミス」だよ(+_+)と。

 

おぉ・・・。
すごいよ娘~。

 

なんという前向きさ。

 

あなたは、すばらしいです!!

 

でも、日本語が不自由なのが悲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA