「ぜんぜん勉強してない」と言っておきながら、実は勉強していて良い点をとる子

 

試験前に、
「ぜんぜん勉強しなかった~」といいながら、

実はそこそこ勉強していて、

結構、いい点を取る子いましたよね~。

 

はい。

それ母もです。(^_^;)

 

 

で、先日、娘が、

 

全然勉強しなかったといいながら、
本当は勉強していて、
結局、いい点を取る子って嫌い!!

 

と言い出して、

 

母、ギクッ(^_^.)としたわけです。

 

 

さらに娘、

 

私は勉強した!!
とちゃんと言って、

しかもいい点がとりたいんだ!!

 

と言うではないですか。

 

 

はぁ・・・さようですか・・・。

 

ていうか、
勉強した!と宣言していい点がとれなかったら、
馬鹿だと思われるし、

 

勉強した!と宣言していい点とったら、
当たり前でしょとか、ガリ勉だとか思われるしで、

 

勉強した!!って宣言することって、
何にもメリットがないように母は思えてきた・・・。

 

たぶん、
「勉強してない~」と言うことで、

 
勉強してなのにいい点がとれた→頭がいい
勉強してないから悪い点だった→仕方ない

 
ということになるので、

 

なんらかの逃げ道を残すための発言なんじゃないかしら??

 

う~ん。
そう考えると、

勉強した!!と宣言しつつ、
いい点をとりたいという娘は、

なんか、やっぱかわってるのかも・・。

 

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA