せっかく私立中高一貫校に入ったのに・・・。

 

テストの返却時期になると、
娘から

●●さんが5点だった!!
●●さんは今回も赤点。

という話をよく聞きます。

 

その子供達は
すでに、高等部進学が怪しい
噂されているようです(-_-;)

 

すでに、不登校気味の子もいたり、
保健室登校の子もいたり。

 

 

長年塾通いをして勉強を頑張ってきた子たちが、
力をつけて、
中学受験を突破したのに、

 

どうして、
入学してわずか半年ちょっとしか経たないのに、
そんなことになるんだろうと不思議です。

 

「中学受験で燃え尽きた」
とかいう話をよく聞くけれど、

親が、毎回のテストに目を通して
そのつど適切な対策を練っていれば、

少なくとも成績がそこまで
落ち込むようなことには
ならないような・・・。

 

小学校時代、
学校と塾に勉強はまかせきりだったのかなぁ?
と思ったり。

 

 

「面倒見が良い」と言われている
娘の学校ですが、

補習や再試をしてもらっても
学力が上がらなければ、

やはり、
高等部にはあがることができないわけで、

 

「面倒見のよさ」にも限界があるのです(-_-;)

 

 

高等部進学

 

 

部活の先輩によると
中3生の間では
もうこの時期になると、

高等部に上がれない子がわかるようで
校内で噂になっているそうです。

 

なかには上を目指して
自主的に高校受験にきりかえる生徒もいますが、

毎年、中3生の10人以上は、
高校進学で外部にでていっているような感じ。

 

私立の中高一貫校を受験する場合、

高等部進学時に
学校側からの指示
何人が外部受験をするかを聞いてみるのもいいかも。

「面倒見の良さ」をはかる指針になるかもしれませんね。

 

娘の小学校の時の校長先生が、
「手をはなしても、目ははなさず!!」

 

ということを

 

よくおっしゃっていたのですが、
本当にそうだなぁ・・・と最近よく思います。

 

保存

保存

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA