「中学時代の友達は一生の友達」 先生からの言葉の呪縛?

 

 

娘が中学生になって、
母は自分が中学の時に
担任から言われた言葉を

よく思い出すようになりました。

 

「中学時代の友達は一生の友達になるから大切にしなさい!」

という言葉。

 

一度しか言われなかった言葉だけれど、
なぜか、何十年もたったのに
ず~と頭に残ってるんです。

 

この言葉を聞いたときに、
「中学時代に親友を作っておかねば(@_@;)と焦った記憶が・・・」

 

 

 

一生の友達

 

今、振り返ってみると、
地元の小中でずっと一緒だった友達、
高校での友達、大学での友達、職場での友達、

 

いろいろいたけど、
一生ものの友達は、
小中・高の友達かな?

 

今でも、地元に戻った時に連絡すると
小中・高の友達は
集まってくれる(*^_^*)
ありがたい。

 

だから、別に「中学の友達は一生の友達」とか
関係なかったと思うの。

 

 

一生の友達を
「中学時代」に限定した担任の言葉。

 

 

これは言わば、
「言葉の呪縛」だったんじゃないかと思う。

 

だって、今も、母はその言葉を
忘れることができずに、

 

娘の中学生活で、
「一生の友」ができればいいな~
なんて思ってしまっているから。

保存

保存

保存

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA