新学期から学校に来ていない子が数人。

2学期がはじまり、
始業式から学校に来ていない子が
数人いるようです。

 

そのなかには起立性調節障害(OD)の子がいて、
お母さんと知り合いなのですが、

学校に行く行かないで、
いろいろバトルがあったそうなのですが、

 

「今はもう見守るだけ。」なのだそうです。

何かのきっかけで
行けなくなった学校も、

何かのきっかけで
行けるようになるかもしれない。

 

ODの症状も、
年齢とともによくなるようなので、
長い目で・・・。

 

しかし、お子さんがいつも家にいるので、
それではお互い息がつまると
お母さんは、積極的に外にでている模様。

 

パートをはじめたり、
PTAに参加したりと、

 

「子どもより私の方がたくさん学校に行ってるわ!!」

 

と笑いながらおっしゃってました。

 

子供が不登校なのに
親が学校と積極的にかかわっているのは
すごいと思います。

 

私にそれができるだろうか・・・。

 

もし、私がその立場だったら、
最後は娘と一緒に
ひきこもっているような気がします(^_^;)

 

いずれにせよ、
今は、「学校に行かない選択」が
認められつつある世の中になってきていると思う。

道の途中で立ち止まってしゃがんでみたり
ちょっとひきかえしてみたり
脇道に入ってみたり
道なき道を行ってみたり

 

それでいいんじゃないかと、
最近の私は思うようになってきました。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA