中学受験。喉元を過ぎれば熱さを忘れる。

中3になった娘、
またまた過去の自分を振り返って

「小学生の時と中1の時に、
ちゃんと勉強すればよかった。」

と後悔していました(;’∀’)

中2の時と比べると、
小学時代と中1の時は
全然、真面目に勉強してなかったそうです。

小学時代
中学受験・・・(T_T)

母は必死だったのに、

 

娘はというと
適当にやりすごしていたんですねぇ。

 

 

あの頃、
娘はそうだったんだと思うと

母は悲しくなるわ・・・(*_*;

 

やっぱり
娘みたいな子は、

 

最初からスパルタ塾に放り込み、
ライバルと競争する喜びを
与えるべきだったのかもしれない・・・。

 

そして、中1。

母は、
娘は中2より中1の時の方が、

寝落ちせずに、勉強を頑張っているように
見えたんだけどな。

スマホも今みたいに
使いたい放題じゃなかったし、

部活も今よりも忙しくなかったし。

 

娘よ、これはもしや

「喉元を過ぎれば熱さを忘れる」って
ことじゃないのかな??

 

と思った母。

 

 

 

だとしたら、あの中学受験期も
娘なりに頑張ってたんだろう。
うん。そういうことにしておこう。

娘よ、
過ぎ去った過去は振り返らず、
前を向いてすすめ!!

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA