英単語は音楽のように覚える~ハーバード主席卒の廣津留すみれさんに影響される。

9月19日にテレビで放送された、
「あいつ今なにしてる?」を
たまたま見ていた母。

 

廣津留(ひろつる)すみれさんの経歴に
ビックリ仰天でした(@_@;)

 

こんなすごい人がいるんだねぇ~。

 

廣津留すみれさん

 

お父さんは自営業。
お母さんは英語の先生。

 

4歳の時に英検3級を取得!!

 

2歳からバイオリンをはじめて、
高校の時に、
国際コンクールでグランプリを受賞!

 

 

高2の3学期に、
「ハーバード大」受験を決意!!

 

学校の勉強と自宅学習のみで
塾には(人生で)一度も行かず合格!!

 

しかも、ハーバード大学は首席卒業。

 

その後、通ったジュリアード音楽院も
首席で卒業!!

 

そして現在は
ニューヨークで音楽関係のコンサルタント業などを営んで
おられるらしい<(_ _)>

 

すごすぎ~。

なんてこった

 

でですね、

この番組を
漢検の勉強しながら、

横目でみていた娘、

 

すみれさんが、4歳の時に
英検3級を取得した!
という話題で、

 

英検はゲームみたいでわかりやすい。
(ゲームをクリアーしていく感じ)

ミッションみたいな感じ!

 

と語ると、

 

それを聞いた娘が

 

「わかるわ~。

と大きくうなずいていました。

 

 

母、
「今まで嫌々やっていたのに嘘つけ~!!」と

 

思いましたが、
黙っていました。(^_^;)

 

 

あっ、でも、最近の娘は
準2をとってからは、
自主的に楽しんでやっているかも・・・。
やっとミッションに目覚めたのかもしれません!!

 

 

 

そして娘、
すみれさんが
英単語の覚え方を披露する場面を
凝視しておりました。

 

 

 

音楽をずっとやっていて
耳が得意なすみれさん

 

英単語の暗記は

 

「自分で口にだすことによって
オーディオ(音声)ファイルにしちゃう。」

 

「先に英語がきたらオーディオ(音声)ファイルの中
日本のがくるようになっている」

 

のだそうです。

 

 

たとえば、

 

evidence(証拠)

という単語を覚えるときは、

 

evidence証拠→evidence証拠→evidence証拠

(エビデンスショウコ→エビデンスショウコ→エビデンスショウコ)

 

と唱えるのだそうです。

 

ひたすら、
英語・日本語を口に出して発音し、
つながりの「音」として単語の意味を覚えていくのだそう。

 

 

なので、
すみれさんの脳内では、
「英単語」と「日本語の意味」が
1つのかたまりになっていて、

 

英単語が聞こえると、
日本語の意味が勝手に浮かぶのだと母は思いました。

 

 

きっとそうして、
恐ろしい数の英単語を脳内インプットして、
ハーバード大合格を勝ち取ったのでしょうね。
すごいわ~。

 

 

で、昨夜です。
母が風呂からあがると、

 

娘がiPadをみながら、
英語日本語→英語日本語→英語日本語

 

とブツブツつぶやいていました。

なんと、さゆり式で
英単語を覚えていたのです。

 

脳内凡人の娘。
その効果はいかに??(ーー;)

 

そして、廣津留家の勉強法に興味をもった母は、

を読んでみることにしました。

created by Rinker
講談社エディトリアル
¥1,540 (2022/08/16 11:20:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

もう娘の年では、家庭教育のやりなおしは遅いけど、
何か今後の教育のヒントがつかめればいいかなと。

 

いつか孫に(そんな日が来るのか??)
試してみてもいいしね。笑

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA