教科書はなんでわざわざ、わかりにくく書いてあるのか!

今回の中間試験の勉強中に
面白かったのが、

 

娘が、
化学の教科書を見ながら、

 

「教科書はなんでわざわざ、
わかりにくく書いてあるのか!」

 

と怒っていたこと。

 

 

最近の娘は、

試験勉強を
「ただの教科書の暗記」にせずに

 

完全に頭に落とし込むまで
勉強しております。

 

そして、
その作業のために
youtubeの無料の授業動画を
よく利用しています。

 

 

この頃は、
「はいちさん」だけでなく、

 

灘高出身の東大生の授業動画を
よく見ているみたい。
(クイズノックの1人なのかな?)

 

 

で、教科書では
さらっと書かれている現象の背景に

 

 

別の現象があって、
その現象があるから
この現象がおこるんだ。

 

 

みたいなこと知り、
(母は、娘に説明されたけど、ちんぷんかんぷんだった(゜.゜))

 

 

こういうことを
教科書に載せないから、
わかりずらいんだよ!!(ーー゛)

 

と怒っていました。

 

 

ん~。

 

 

でもさ、それをさ、
学校の先生が
ちゃんと授業で
教えてくれればいいわけなんだよね。

 

教科書の表現が
わかりずらいのもあるだろうけど、

 

それをしない(できない)先生が
アレレなんじゃ・・・と思った母でした。

 

 

本当に、最近思うのは、
学校の先生の格差。

 

すごい授業をしてくれて、
とことん授業がわかりやすい先生もいれば、

 

そうでない先生が
結構たくさんいる。

 

 

先生の世界は、
あたりはずれが大きすぎるわよ。

 

 

そして、

 

この化学の教科書はダメだ!!
と怒る娘に、

 

親離れ 子離れ

「じゃぁ、将来は教科書をつくる仕事につくのはどうかしら?」

と提案してみた母でした。

 

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA