日本の神話はファンタジー

昨夜、勉強していた娘が、
「日本のファンタジー」って苦手なんだよね~。

 

というので、

 

何のこっちゃ?と思い

テキストをのぞいて見たら、

 

それは、

「古事記」のことでした(@_@;)

 

 

えっ。
古事記ってファンタジーなのか?

 

 

ん、でも言われてみれば
そうかも。

 

ファンタジーだよね~笑

 

日本の神話はファンタジー

 

今の子って、

日本の古典を
そういう目線でみてるんだと思うと、
ちょっと面白い。

 

 

なんだか、
急に年をとった気分になった母でした。

 

 

 

 

さて最近の娘ですが、
苦手な現国を
なんとか克服しようと
頑張っているようです。

 

 

克服して、
国語の先生になろうとか
思ってないよね?
(古典が得意な娘です。)

母は自分が文学部だったので、

 

文学部だけ
全力で反対しますわよ~。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









2 Responses to “日本の神話はファンタジー”

  1. 固定概念を捨てると神話も古典もとっつきやすくなる
    ってことですかね~?

    「ラノベ古事記」っていう本知ってます?
    ラノベの文体が嫌いでないなら楽しめるかも。

    ダンテの「神曲」も地獄=異世界と考えて、
    見方によってはラノベだ
    というのも最近見ました。

  2. 果歩さん^^

    「固定観念を捨てる」

    そうです!!
    そういうことを
    記事でお伝えしたかったんです!
    あぁ。なんか頭がすっきりしました。
    ありがとうございます。

    親世代も、
    固定観念を捨てると、
    新しい世界が開けてきますね。
    ダンテの「新曲」もですか、
    ますます世界が開けていきそうです。笑

    「ラノベ古事記」初めて知りました。
    うちの娘はラノベはあまり読まないのですが、
    面白そうなので、購入して本棚に置いておこうと思います!!

コメントを残す

CAPTCHA