同じ高校生なのに恥ずかしい。

昨日ニュースを見ていたら、
自宅の3Dプリンタで、
フェースシールドを作って

医療従事者に
プレゼントしている高1の女の子

 

が紹介されていて、

 

そういえば、

募金を募って、
マスク2万枚を寄付した
女子高校生もいたよね~。

 

と思いだし、

 

そしたら、

 

高校生になったのに、
家から一か月間も
一歩も出ずに、

 

クイズノックのyoutubeと
あつまれどうぶつの森と宿題

 

 

にあけくれる娘が、

ちょっと歯痒くなった。(ーー;)

 

 

けど、
高校生時代の母を思うと、

娘よりも
かなりいいかげんな
生活を送っていたわけで(^_^;)

 

高校時代に、

 

誰かを助けたい!という
思いにかられたこともなく、

 

まさしく、
娘は私の子なんだなぁと思いました。

誰かの助けになることを
思い立ち、
それを実践できる子は
やはりその親も意識が高いんだと思う。

 

娘だけじゃなくて、
自分自身に落ち込んだ母でした。

 

そうそう、
自宅に3Dプリンターがあるって
すごいなぁと思い、
Amazonで調べてみたら、

 

お値段、ピンキリのようですね。
3万円台のものもある~。

 

これは物づくりに興味がある子には
たまらないお品ですね。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA