国公立受験をやめる子。

夏休みが終わって、
2学期が始まり、

数人の子が、
国公立受験をやめて
私立のみに変更していました。

 

やはり受験科目の多さで
迷いがでたようです。

 

その気持ち、すごくわかるよぉ。

 

5~6教科7~8科目の負担は
すごく大きいよね。

 

しかも、夏休みが終わってから
私立で3教科などに絞ってしまうと、

 

最初から3教科で
ずっと勉強している子に

既に遅れをとっているわけで・・・。

 

気持は複雑。
千々に乱れるわけです。

 

落ち込み~

それに、
学校の授業も、
5教科から3教科に変更することによって

必要でない科目がでてきて、

 

でも、履修選択を
してしまったからには、

きちんと授業を
受け続けなければならないわけで、

 

そうなると、
内職をする子や、

授業をさぼる子まで

 

でてきたりしているのが

現状のようです。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA