親子バトル回避方法を覚えました!

娘との親子バトル。
小さいものはチョコチョコ発生するのですが、
最近は、大事には至っていません。

というのは、母は「親子バトル回避方法!」をあみだしました
ワーイ\(゚▽゚=))/

うちの親子バトルは、
たいていが勉強がらみなのです。
そして、現場は私の仕事部屋です。
(母はデーター入力の在宅業務をしています)

そして、私があみだした方法とは

娘が勉強を嫌がったり愚痴ったりしだしたら
すぐにこの一言を発するのです。

「もう受験しないから、この部屋から出て行きなさい!」と。

部屋からでていくこと=受験中止=地元中

となってしまいますから、
地元中には絶対に行きたくない娘がでていくことはありませんし、
でていけば、受験が終わるだけですから。

私立受験はしなくても、
「都立」という道は残るのですが、
我が家では都立受検は、

地頭が良い人、頑張った人の中で
問題との相性がよかった「運」がいい人が受かる
と思っているので
娘の合格には期待していません。

e塾の娘の通っている教室では「10人が受けて、2人が受かる」程度ですし、
学判や合判でいつも上位だった子が普通に落ちたりします。

娘の通っている小学校では、
塾なしの子で成績表がほとんど普通の子が受かっています。

個別塾の先生も、
「合格する子は最初から決まっている」と・・・。

そんな都立受検に、ダラダラと時間とお金をかけてしまったのは、
もったいなかった。

小4の2月に時計の針を戻したいです。
ドラえもんのタイムマシーンが欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA