中学受験は親のミエ(見栄)なのか

先日のテレビドラマ「下剋上受験」で、
担任の先生が

「中学受験は親のミエです!!」って叫んでましたね(-_-;)

あれを聞いた娘、

「そうだそうだ~!!」
なんて言い出すんですよ(^_^;)

 

 

親のミエと言われて、ちょっと「ビクッ」とした母ですが、

よくよく考えてみれば、

うちの中学受験はミエじゃない。

 

・娘には、できるだけ楽な道から大学まで進んでもらいたい(高校受験回避→母も楽!)
・内申重視の地元中学への不信感
(副教科2倍の意味がわからないし、内申を気にしながら授業を受けさせたくない)
・地元ではなく、もっと広い世界で友達作りをして欲しい

特に「新しい友達を!!」

という思いが母には強いのです。

 

ですので、「中学受験は親のミエだ!」と同調する娘に、
それを伝えると、
地元中の友達にウンザリ気味の娘は
親のミエではないことを
ちゃんと理解してくれました。よかった。

 

娘は熱望校がない子なので、
中学受験が親のミエだなんて思われたら、
ずっと根にもたれちゃいそうですよ・・・(-_-)

 

 

さて、
ママ塾も今日を入れてあと2日となりました。

永遠に続くかと思われた日々が、
あと2日だと思うと、

感無量です。

 

受験後は
母も娘も本来の自分をやっと取り戻せそう。

 

 

中学受験。

軽い気持ちで足を入れたことを後悔しつつも、
チャレンジして本当によかったと思います。

得たものは大きい!!

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA