e塾 2回目のテストで娘に変化が

土曜日にe塾で小4講座の2回目のテストを受けてきた娘。
テストの前に時間があったので、
私が理科と社会の問題を口答で出し、娘に答えさせて復習をさせました。

そして、テストを終えて帰ってきた娘は
かえるなり、カバンからテストの用紙を取り出して
『社会できた~!!』『理科はあってるのにバツされたよ!なんで?』と。

こんな光景を目にする日が来るなんて・・・。
む・む・娘がまぶしい~!!
小4講座がはじまってから、娘と口論しながらもどうにかやってきた復習。
無駄ではなかったのだ・・・。

娘も、復習してテストに臨むと、いい点が取れるんだということがわかったようで、
その日、ついでに社会のテストの間違ったところを見直しさせてみたら、
いつもはブツブツ言ったり逃げ腰なのに、
今回は嫌がりもせず、逆にノリノリで取り組んでいました。

今までをふりかえってみると、
娘は「復習」というものを一度もしたことがなかったのです。
学校では、学校の授業だけで復習などしなくてもそれなりの点がとれますし、
e塾の小3の授業も復習なしでいつも平均点はとれてましたので。

でも、4年生からはそうはいかない。
勉強は格段に難しくなるし、暗記力も問われます。
やっと娘が「復習」の大切さを理解してきたので、
引き続き頑張っていこうと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中です。

★母のつたない文章を読んでくださって いつもありがとうございます。









コメントを残す

CAPTCHA